トップページ >  敏感肌の状態から選ぶ >  乾燥性/肌荒れ(ニキビ・毛穴の開き)

乾燥性のニキビ・毛穴の開きが目立つ敏感肌スキンケアのやり方は?

ニキビ・毛穴の開きが目立つ

バリア機能が低下することでターンオーバーが乱れると、角質が厚くなってしまう角質肥厚になって、ゴワつき・毛穴詰まりの原因になります。


これがそのまま毛穴の開きやニキビにつながってしまうことも珍しくありません。


ニキビや毛穴が目立つタイプの敏感肌は、テカリが目立つこともあるため、一見するとオイリー肌と間違いやすいのですが、肌の奥が乾燥しているインナードライであることが多いです。


つまり、肌の水分保持力が低下してうるおいを保てなくなっている状態が根本的な原因なので、肌の水分保持力を高めてくれる保湿成分を毎日のスキンケアで補うことが重要です。


セラミドを直接補給することはもちろん、セラミドの生成をサポートしてくれる成分を補うことも肌の水分量を増やすのに役立ちます。自分にあったものを選びましょう!

ポツポツブツブツの悩みは保湿で解消!

毛穴の開きやニキビが敏感肌の症状として出てくる人はどちらかといえばオイリー気味。しかし、水分と油分のバランスが崩れて起きていることも多いので保湿ケアをきちんと行うことが大切です。

肌の水分保持力アップ! お米の力に違いあり!

ニキビ・毛穴の開きに悩む敏感肌用基礎化粧品<Best3>

米肌~MAIHADA~

1,500円 送料無料

厚生労働省に認められたライスパワーエキスNO.11が角層すみずみを潤おし、セラミド産生量がアップ!さっぱり使えてしっかり潤う肌潤ジェルクリームはベタつく肌の保湿にピッタリです。

ディセンシア

1,470円 送料無料

肌が少しでもムズムズしたときにあると助かるバリア力抜群の敏感肌用化粧品。毛穴周りの乾燥をブロックし、炎症を鎮めるとともに乱れた角層をセラミドで整えて、バリア機能を強化します。

ライスフォース

972円 送料無料

セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスNO.11を配合。ライスパワーエキスNO.11は、医療部外品の効能として「皮膚水分保持能の改善効果」を認可されている優れた保湿成分です。

乾燥性ニキビや毛穴の開きに悩んでいる人にはこの敏感肌コスメ!


徹底保湿で開いた毛穴を引き締める!


ライスパワーNO.11でバリア機能強化!
セラミドを増やし水分保持能を改善する医薬部外品!
余分なものを配合しない低刺激処方!
毛穴と一緒に乾燥・ハリ不足も解消!


肌の水分保持力が低下して不安定になると、乾燥やかゆみだけでなく、ニキビや毛穴の開きといった症状もでてきます。思春期と違って大人のニキビや毛穴の開きは皮脂ではなく肌の乾燥(=肌の水分保持力)が大きな影響を与えているからというのがその理由です。


そのためニキビや毛穴の開きといった毛穴周りの肌トラブルもセラミドの保湿力で肌のバリア機能強化し、肌の水分保持力を高めるということが大切になります。ちゃんとクリームまで使って保湿しなきゃいけません。


ニキビや毛穴周りのトラブルがでてきてしまう敏感肌の場合、表面的には皮脂が多いので、さっぱりした使い心地のほうが使いやすいはずです。その点、米肌は、さっぱり保湿用とこってり保湿用で2種類クリームがあって選べる点がいいんですね。


好みの感触や夏冬と季節で変えてもいいですし、その点は凄く使い勝手がいいです。ライスパワーエキスNO.11で肌の水分保持力がアップすれば、水分と油分のバランスがとれるようになるので自然とニキビや毛穴トラブルは減っていくはずです。大人の肌トラブルはとにかく保湿が大事です。


【米肌~MAIHADA~】

大人ニキビ・毛穴の開きが目立つのは肌の水分量の低下が原因

10代のころのニキビや毛穴の悩みというと第二次性徴期特有のホルモンバランスの変化の影響をうけて男性ホルモンが増加することによる皮脂の過剰分泌が根本的な原因でした。一生懸命洗顔していた人もいると思います。


しかし、大人になってからのニキビや毛穴のトラブルというのは「乾燥」です。肌を触ってベタつくという人であっても原因は乾燥です。肌のバリア機能が低下してしまっていることが根本的な原因なんですね。


そのことを分かりやすく説明してくれているのが富士フィルムの研究チーム。富士フィルムの研究によると、ニキビができやすい人とできにくい人を比べたところ、


ニキビ発生の多い人は、顔全体の中でフェイスラインを中心に、水分量の少ない「部分乾燥状態」になっている

ニキビ発生の有無に関わらず、顔全体の油分量には大きな差がない

※出典: 研究(2) 水分・油分量とニキビ発生箇所との関係


ということが確認できたそうなんですね。


同じことが女性を悩ませる生理前のニキビや肌荒れについてもいえるそうで、これまでは黄体ホルモンの影響で生理前は皮脂の分泌が増えるからニキビができやすくなるといわれていたんですが、実際は肌の水分量の低下が起きていたということがわかっています。


ニキビは水分量と相関関係にある。

※データ: 研究(2) 水分・油分量とニキビ発生箇所との関係


敏感肌というのは、別の言い方をすれば「肌のバリア機能が低下した肌」のことですから、ニキビや毛穴トラブルが起こってしまうのも「至極当然」なんですね。


バリア機能が低下すると、ニキビ・毛穴トラブルの原因に!

バリア機能の低下⇒ターンオーバーの乱れ⇒角質肥厚⇒毛穴詰まり・ゴワつき⇒ニキビ・毛穴の開きが発生!


しかし、逆をいえばセラミドがしっかり水分を抱え込み細胞間に隙間なく配列したラメラ構造を形成していれば、乾燥とは無縁になる以上、大人ニキビもできませんし、セラミド不足で目立っていた毛穴の開きもキメが整って肌がふっくらするので目立たなくなります。


水分をあたえるのではなく、セラミドや肌みずからがセラミドを創り出せるようにサポートしてくれる有効性を肌に与えることが乾燥知らず&トラブル知らずの肌でいるための秘訣になります。


ニキビ・毛穴レスの肌へ! 米肌の利用者の声はコチラ!

敏感肌の症状にあわせて化粧品を選ぶ

ゆらぎ肌・不安定肌

季節の変わり目や体調やストレスの影響をうけて肌が刺激に弱くなる方向け。多忙な女性に急増中!

アトピー性・超敏感肌

アトピーっぽい、ちょっとした刺激に反応する敏感肌にはセラミドに加えて、肌を保護するケアも必要。

乾燥性ニキビ・肌荒れ

乾燥するし、刺激にも弱い。乾燥によるニキビや吹き出物がよくできる肌はバリア機能の修復が急務!

肌老化も気になっている

外部刺激の影響を受けやすい敏感肌は"老けるのが早い"という事実が!30代以上の方は注意です。