トップページ > ゆらぎ肌・不安定な肌 > ゆらぎ肌&不安定な肌のスキンケア&生活習慣で気をつけること

ゆらぎ肌&不安定な肌のスキンケア&生活習慣で気をつけること

ちょっと敏感になるだけだし、季節限定・期間限定の肌トラブルだからと甘くみられがちなゆらぎ肌ですが、肌の機能低下を招くため、その後「毛穴の開き」「くすみ」「ハリの低下」とさまざまな肌老けサインにつながる可能性もあります。


ニキビ・毛穴の開き

バリア機能の低下⇒ターンオーバーの乱れ⇒角質肥厚⇒毛穴詰まり・ゴワつき⇒ニキビ・毛穴の開きの発生!


シミ・くすみ

バリア機能の低下⇒外部刺激の侵入⇒肌内部で微弱炎症⇒メラノサイト活性化⇒シミ・くすみの発生!


ハリの低下・シワ・たるみ

バリア機能の低下⇒外部刺激の侵入⇒肌内部で微弱炎症⇒弾力線維を破壊⇒ハリの低下・シワ・たるみの発生!


肌のバリア機能が低下することで、肌が不安定になると自分の肌の弱点に反応が出てしまうのがゆらぎ肌の特徴なので、症状が乾燥して敏感になるだけに留まらないわけですね。


こうした肌の好不調の波を緩和させるには普段のスキンケアと生活習慣が大事なのはいうまでもなく、とくに規則正しい質の高い睡眠というの大切になってきます。


毎日の質の低い睡眠の積み重ねが月のホルモンバランスの乱れとなり、1年の気温や湿度の変化に振り回される弱い肌をつくってしまうからです。


肌を立て直すリカバリーコスメを使う

「あれ?おかしいぞ」と思ったら普段の基礎化粧品を使うのを止めて、すぐにバリア機能を立て直すリカバリーコスメを投入しましょう。美白やエイジングケアを控えて敏感肌用の基礎化粧品に切り替える、化粧水を止めて洗顔後は刺激の少ないセラミド配合の保湿クリームのみのシンプルケアに切り替える、などします。


ストレスケアでリラックスする

ストレスが肌状態に悪影響を与えているのは女性であれば誰もが経験済みのはず。アロマテラピーやお風呂にゆっくり浸かるなどは誰でも簡単にできるストレスケアの方法です。とにかく早く寝る&たっぷり寝るというのもストレスの緩和はもちろん、成長ホルモンという最強の美容液を浴びるために必要なことです。


インナーケアでデトックス

ニキビなどが出やすい人は特に腸内環境のケアとビタミンB群の摂取がおすすめ。代謝を高めることで毒素を排出するとともに、肌の再生力を促進することで肌がきれいになります。


ゆらぎ肌の対策やスキンケアといっても結局は基本は何も変わりません。「毎日のセラミド保湿と質の高い睡眠」という美肌作りのポイントがそのまま最善のゆらぎ肌対策になります。


ゆらぎやすい肌のお守りに! ディセンシアの詳細へGO!