トップページ > セラミド不足が敏感肌の原因 > セラミド不足が敏感肌の原因

セラミド不足が敏感肌の原因

セラミド不足が敏感肌の原因

近年、急増中だという敏感肌。


いつもではないけれど時々、肌荒れを起こしたり、部分的なかゆみや赤みが気になる一時的な敏感肌も含めると女性の7~8割が敏感肌の自覚症状があるというデータがあるほど。


「乾燥」「かゆみ」「ひりひり」「化粧水がしみる」「テカリとかさつきが混在する」など敏感肌の症状はさまざまですが、その原因はすべて同じです。


肌表面のバリア機能が弱っていることで外部刺激を受けやすい状態になっており、同時に、肌の水分保持力が低下しているため、うるおいをキープできないことにあります。


こうした敏感肌の原因になっている弱ったバリア機能を強化して角層バリアを整えるためには1にも2にも保湿が大切。そしてこのバリア機能を強化する保湿ケアに欠かせない保湿成分がセラミドになります。