トップページ > セラミドの種類と保湿力 > セラミドの種類(本物セラミドと擬似セラミド)の違いとは?

セラミドの種類(本物セラミドと擬似セラミド)の違いとは?

本物のセラミドと疑似セラミドの違い

※画像:セラミド|小林製薬

ひと口に「セラミド」といっても種類があるのをご存知でしょうか?


大きく分けると4種類あり、いずれも保湿成分として活躍してくれますが、セラミドの種類によって保湿力や浸透力、即効性が違います。肌への刺激や肌なじみを考えると、もともと皮膚に存在するセラミドに近い組成のセラミドのほうがいいです。


「セラミド配合!」といってもどの種類のセラミドが配合されているのかよくわからないのでは先が思いやられます。全成分表示を確認して、本物のセラミドを選べるようにしておきましょう。


天然セラミド(=動物性セラミド)

馬由来や豚由来のものが有名。同じ哺乳類のセラミドということで肌なじみがよく浸透力が高いのが特徴。


成分表示「ビオセラミド」「セレブロシド」など。

当サイト紹介の敏感肌化粧品でいうと「アルージェ」が天然セラミド配合です。


バイオセラミド(=ヒト型セラミド)

ヒトの皮膚に存在するセラミドと全く同質のものを酵母を利用して生成。ヒトのセラミドと同じ構造を持つので保湿力や浸透力が高く、刺激の心配もないので敏感肌やアトピー肌にも安心して使える一番のおすすめ。成分表示ではセラミドの後に番号がつきます。


成分表示「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6Ⅱ」など

当サイト紹介の敏感肌化粧品でいうと「ディセンシア」「ヒフミド」「アヤナス」などがバイオセラミド(=ヒト型セラミド)配合です。


植物性セラミド(=糖セラミド)

米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出した植物由来のセラミド。植物由来ということで肌にやさしいイメージがありますが、肌の組成とやや異なるので他セラミドに比べて保湿力は弱め。


成分表示「コメヌカスフィンゴ糖脂質」「植物性セラミド」など

当サイト紹介の敏感肌化粧品でいうと「セラクレア」が植物性セラミド配合です。


合成セラミド(=疑似セラミド)

石油原料からセラミドに似た構造の保湿成分を化学合成したもの。擬似セラミドとも呼ばれます。大量生産ができ、安価ということで、多くのセラミド配合化粧品に使用されていますが本物に比べて効果は薄いです。


成分表示「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」など

当サイトでは合成セラミド(=擬似セラミド)を配合しているの敏感肌化粧品は紹介していません。合成セラミド配合の敏感肌化粧品の例をあげると、有名どころでは「花王キュレル」がそうです。


本物のセラミドを見分けるコツは『番号』を見ること!
バリア機能を高める効果が高い本物のセラミドは成分表示をみると番号がついています。合成セラミドに比べて「セラミド2」(1,2,3,6が肌にあるものと同じ構造)などヒト型セラミドは保水力にして3倍の違いがあるといいます。敏感肌ケアには本物のセラミドを使いましょう。


さらに付け加えると、番号がついたセラミドの中でも特に「1・2・3・6」の番号がついたものに注目してください。高い保湿力とバリア機能強化が期待できます。


ヒト型セラミドの種類と働き

セラミド1/水分保持力が高く、外部刺激を防ぐバリア機能にも優れる(非常に高価)
セラミド2/保湿力が高く、バリア機能を高める。皮膚に最も多く含まれている
セラミド3/水分を保持し、シワを抑制・減少させる
セラミド4・セラミド5/角質の脂質バリア層を作り、保持する
セラミド6・セラミド6Ⅱ/セラミド3と同じ働き。ターンオーバー促進作用あり。
セラミド7/細胞の増殖分化と皮膚常在菌のバランスをコントロールする。

※アトピー性皮膚炎の肌はセラミド1が極端に少ないことがわかっています。


本物のセラミドを配合した化粧品は? 続きはコチラ