トップページ >  > 肌荒れ・化粧かぶれを防ぐには!?

肌荒れ・化粧かぶれを防ぐには!?

化粧カブレを防ぐ

新しい化粧品を試すときというのは肌荒れやかぶれに気をつけないといけません。


ほてりや赤み、かゆみやブツブツなどの症状がでたら、それは典型的な化粧品かぶれ(=接触性皮膚炎)です。


健康な肌であっても「体調が悪い」「睡眠不足が続いている」「生理前や生理中」などは肌が不安定になり、バリア機能がゆらいでしまうので、普段使っている基礎化粧品に対しても刺激を感じてかぶれが起こることがあります。


敏感肌にとってはこの化粧品かぶれが日常茶飯事なのはいうまでもありません。


ただ、化粧品かぶれには強い肌への刺激によって起こってしまうものと、肌のバリア機能とは関係なく、特定成分に対するアレルギー反応として起こるものの2種類があることを知っておく必要があります。

刺激によるかぶれとアレルギー反応としてのかぶれ

化粧かぶれを起こしたときに可能性として考えておかなければいけないのが「刺激」に肌が負けたものなのか、それともアレルギー反応が出てしまったのか?ということです。


この2つはまったく異なる肌荒れ・かぶれなので、予防するのも対策も違ってきます。


【刺激性接触皮膚炎】・・・すぐに反応が起こる

刺激性(毒性)のある成分が肌に触れることによって起こる皮膚炎です。台所用洗剤、アルコール、酸やアルカリといった化学物質、摩擦といった刺激がある一定以上のレベルになると発生するもので、刺激性(毒性)が強いほど発赤やヒリヒリした痛み、かゆみを生じます。


【アレルギー性接触皮膚炎】・・・反応のピークは1~2日後

香料・色素・精油・酸化亜鉛・基剤成分などに特定成分(アレルゲン)が含まれている場合、免疫システムが反応して起こる皮膚炎です。特定成分の濃度や量が極めて微量でもその成分に対しては免疫システムが拒絶反応を示します。赤み、かゆみや湿疹などの症状が現われます。


化粧品かぶれは接触性皮膚炎というように、原因物質を特定し、それらの物質に触れないように環境を整え、避けるようにすれば症状が引き起こされることはありません。


「原因となる物質を探して予防する」ことが大切です。


刺激性接触皮膚炎の場合、原因物質に触れることが分かっている状況では、それらの物質から肌を保護する工夫が必要です。アレルギー性接触皮膚炎の場合、パッチテストや使用テストを行うことで原因物質を特定し、避けるようにしましょう。


<パッチテスト>

テストする化粧品を皮膚につけてテープで覆う、あるいは絆創膏に塗布して腕の内側などに貼る。2日後にはがして、除去後1時間と翌日にテスト部位を観察して皮膚に異常が起きていないか調べます。

<使用テスト>

腕の内側の皮膚が柔らかい部位にテストする化粧品(100円玉大)を3カ所に塗布してください。4日間毎日同じところに塗布して様子をみてアレルゲンを特定します。問題なかったら顔に使用してもOKです。

※汗や入浴など外的要因が入ってしまうと、正しい反応がみられなくなるので、経過を見るときは注意が必要です。

こんなときどうする?肌荒れ・化粧かぶれQ&A

Q1. アレルギー性の化粧品かぶれを引き越こしやすい成分にはどんなものがありますか?

香料・精油・色素・ラノリンアルコール(乳化剤)・ヘアダイの染料(PPDA)・金属(酸化亜鉛)など。これらの成分は化粧品以外にも食品、薬品、衣料品などに含まれているので注意が必要です。


このなかでも香料は化粧品かぶれの原因の第一位です。肌が弱い、かぶれやすい人は無香料かどうか確認しておいたほうがよさそうです。


Q2. 何を使っても刺激やかゆみを感じる私は、「化粧品アレルギー」なんでしょうか?

すべての化粧品にアレルギーをもっている人は稀です。一度すべての化粧品の使用を中止して様子を見ます。化粧品の使用をやめて肌状態がよくなればアレルギー、相変わらずピリピリしている場合は肌のバリア機能が低下した敏感肌の疑いがあります。


Q3. 花粉症などのアレルギー症状がある時期、化粧かぶれを起こしやすいって本当ですか?

本当です。花粉症などのアレルギー症状が出ている時は、角質層の水分量が低下しています。そのため、バリア機能が著しく低下して刺激に対して過敏に反応してしまうことがあります。


普段使っていて何ともなかった基礎化粧品が刺激になったり、アレルギーをひき起こす可能性があるので、肌が敏感になってしまった用に別アイテムを用意しておいたほうがいいです。

化粧品かぶれを防ぐ方法まとめ

乾燥していたり、角層に傷があったりすると原因物質の侵入を許してしまうため接触皮膚炎を起こしやすくなります。逆をいえば、肌の表面の角層バリア機能がしっかり保たれていれば、外からの刺激に対して抵抗することが出来るため、化粧品かぶれも起こりにくくなるということです。


アレルギー性の化粧品かぶれは免疫システムの問題であるため「原因となる物質(アレルゲン)と接触しない」ようにすれば症状が引き起こされることはありません。


しかし、肌のバリア機能が弱い状態では、さまざまな外的刺激の影響を過敏に受けてしまうので、そのうち何かの成分に免疫が反応しだすということも十分考えられます。


花粉症皮膚炎などはその典型。花粉(アレルゲン)にたくさん&繰り返し接触しているうちに免疫の許容量を超えてしまうと発症します。


免疫システムの問題だから肌のバリア機能は関係ないというわけでもないんですね。肌のバリア機能を保つこともアレルギー性の化粧品かぶれを防ぐ有効な手段のひとつといえます。


徹底解説!セラミドが敏感肌ケアに不可欠な理由