トップページ >  >  「無添加」「植物由来成分」「ノンケミカル」で選ばない!

「無添加」「植物由来成分」「ノンケミカル」で選ばない!

無添加だから安心だとはかぎらない!

敏感肌の方はもちろん、特に肌にトラブルはないという人でも肌にやさしい低刺激な基礎化粧品を選ぶようにしている人は多いと思います。


「無添加」「100%植物成分」という表示に過敏に反応してしまう人は多いのではないでしょうか。


「防腐剤(パラペン)」「石油系界面活性剤」「鉱物油」「香料」といった刺激になる可能性があるといわれている成分はもちろん、肌に悪そうなイメージがある添加物が配合されているものはできるだけ使いたくないもの。


だから「無添加」「無香料」「無着色」といったレス処方の表示がないものは買わないという人は多いと思うんですが、「無添加」だからといって「低刺激&肌にやさしい」わけではないということはしっかり頭に入れておかないといけません。

肌にやさしいイメージで選ぶと痛い目にあいますよ!

「無添加」という表示に安心してしまって「何が添加されていないのか?」成分表示を確認しないまま化粧品を使っているという人はかなり多いのではないかと思います。


「肌にやさしい」「低刺激」「無添加」と謳う基礎化粧品は数多くありますが、こうした言葉の表現や表記については統一された基準があるわけではなく、化粧品メーカーや製品によってバラバラだということをまずは覚えておいてください。


つまり「パラペン不使用」という表示があっても別の添加物を防腐剤として使っているケースがほとんどですし、防腐剤や石油系界面活性剤、鉱物油は無添加でも、それ以外の刺激性やアレルギー性のある化学成分を含んでいる可能性は否定できないということなんですね。


仮に、防腐剤や保存料に類するものが本当に配合されていない場合、品質保持の期間が短くなるので、使い切るまできちんと品質を保つことができず、成分が劣化したり酸化してしまって、使っているうちに肌に沁みてきたり、ピリピリ感がでてきてしまうということがあります。


「無添加」だからといって刺激がないというわけではないのはこうした事情があるからなんです。


それから化学成分や合成成分というと肌に悪いイメージがありますが、肌への優しさを追求して開発された化学成分や合成成分といったものもあるわけです。


アミノ酸系洗浄成分なんかはそうですし、ワセリンなどは石油由来の鉱物油の一種ですが、成分の安定性や安全性にかんしてはアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に使われているほどですからまず問題ないだろうと思います。


悪者にされることが多い界面活性剤についても洗顔料やソープ用の「陰イオン界面活性剤」には皮膚刺激がありますが、美容液やクリームなどの塗り置き化粧品の乳化に使われる「非イオン界面活性剤」には皮膚刺激はほとんどありません。


にもかかわらず、「界面活性剤は悪い成分である」とか、「石油由来の界面活性剤は悪で、自然由来の界面活性剤は良い」といったようなかなり偏った意見や主張をネットで検索するとよく目にします。


イメージと実際の肌への刺激や作用については往々にして異なるケースがありますし、昔は安全性に問題があったけれど、今は改善されてまったく問題ないものになっているケース(鉱物油とか)もあるので、「自然派」を追求し、化学合成された成分を嫌悪する個人や化粧品メーカーがつくったサイトを見るときは注意が必要です。

「ノンケミカル」「天然由来成分」「オーガニック」の表記も同じ

「ノンケミカル」「天然由来成分」「オーガニック」といった表記も「無添加」と表記している化粧品と一緒です。統一した基準があるわけではなく、化粧品メーカーが独自に表記しています。


オーガニックコスメなどは定義そのものがあいまいですから、植物から抽出したエキスがたった1種類しか配合されていないのにオーガニックコスメとして売られていることも珍しくありません。


また、植物由来の天然成分を配合した基礎化粧品などは合成成分や化学成分を悪者扱いしているケースが多いですが、植物に含まれる天然成分は非常に構造が複雑で有効成分以外にもさまざまな成分を含んでいるため、実際は一番かぶれやすいといわれています。


「漆(うるし)」で肌がかぶれる人がいるように、「山芋」を肌に塗ろうと思う人がいないように植物由来の天然成分なら肌にやさしく安心かというとそんな根拠はないわけですね。


植物由来の天然毒素の問題もあれば、香料として配合されることが多い精油には皮膚刺激性や感作性(アレルギー誘発)があるのは有名です。


むしろ含まれる成分構造が単純なほどアレルギーを起こしにくい(原因究明が簡単)ことを考えると皮膚刺激性や感作性のある成分を排除した合成成分で設計された化粧品のほうが安全性は上だといってしまってもいいと思います。


覚えておいてほしいのは、天然由来成分であろうと合成成分であろうと、安全なものは安全だし危険なものは危険だということ。ある成分が肌にとって安全かどうかは石油由来や自然由来など原料が何かで変わるものではないということです。


化粧品メーカーのなかには他社の化粧品を貶めることによって自分たちの商品の価値を高めて売るということをやっているところが少なからずあります。


自然派化粧品やオーガニックコスメを謳うところは特にその傾向が強く、「うちは肌にやさしい」「よそは肌に悪い」といったイメージに訴えかけるわけですね。


成分表示を理解できない化粧品ユーザーが多いことをいいことに、消費者をミスリードするような宣伝や情報が溢れているのが現状ですから、ようは舐められているということです。


肌によさそうとかやさしそうといったイメージの裏側を知れば、化粧品選びで失敗するケースもグンと低くなるはずです。敏感肌やアレルギー体質の方は特に気をつけるようにしたいですね。

敏感肌の症状にあわせてセラミド配合の敏感肌化粧品を選ぶ!

ゆらぎ肌・不安定肌

季節の変わり目や体調やストレスの影響をうけて肌が刺激に弱くなる方向け。多忙な女性に急増中!

アトピー性・超敏感肌

アトピーっぽい、ちょっとした刺激に反応する敏感肌にはセラミドに加えて、肌を保護するケアも必要。

乾燥性敏感肌・肌荒れ

乾燥するし、刺激にも弱い。乾燥によるニキビや吹き出物がよくできる肌はバリア機能の修復が急務!

肌老化も気になっている

外部刺激の影響を受けやすい敏感肌は"老けるのが早い"という事実が!30代以上の方は注意です。