トップページ >  > 妊娠中・産後の肌荒れの原因と対策

妊娠中・産後の肌荒れの原因と対策

妊娠中・産後の肌荒れと敏感肌

妊娠から産後にかけての一定期間は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が急激に増減することが原因で肌が非常に不安定になります。


肌質が変化して肌が乾燥したり、敏感肌になってしまって、かゆみ、湿疹、かぶれ、ニキビなどの症状・肌荒れが目立ってしまうケースが本当によくあるんですね。


例えばエストロゲンには肌の水分量を増やす作用とコラーゲンの生成を促す作用があります。そのためエストロゲンが低下してしまうと肌の水分量が低下してしまうし、肌のコラーゲンの生成力も低下してしまいます。


コラーゲンは、肌の弾力成分としてだけではなく、肌の保湿成分でもあるのでコラーゲンの生成力が低下してしまうと、ハリ・ツヤがなくなるだけでなく、肌も乾燥しやすくなってしまうので、乾燥肌など乾燥トラブルが起こりやすくなってしまうんですね。


プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンも妊娠中は大幅に分泌量が増加します。


プロゲステロンは皮脂の分泌を促すといわれていて、それが肌荒れの原因になるといわれることが多いですが、最近は抗菌ペプチドを減少させるなど、皮膚常在菌のバランスを乱すことのほうがニキビ・肌荒れの引き金になるのでは?ということが囁かれています。


どちらかというと、プロゲステロンが増加することで、女性の美肌を支えているエストロゲンの作用が相対的に低下し、角層のバリア機能が低下するから乾燥肌やニキビ・かゆみなど肌トラブルが起こると考えたほうがいいかもしれません。


いずれにせよ、妊娠中や産後に肌荒れの症状がでてきてしまう人が多いのはこうした体内での変化(女性ホルモンの分泌量の急激な増減)が肌に対してさまざまな影響を及ぼしているからです。

ホルモンバランス以外に妊娠中・産後に気をつけたいことは.....

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンのホルモンバランスの変化以外にも妊娠中・産後という特殊な状況では肌の調子は何かと崩れがちです。


例えばどんなことが肌に影響していそうかというと、


体質が変わり、食べ物の好みも変わるせいで栄養に偏りがでてしまう。

妊娠すると無性に食べたくなるもの、食べられなくなるものがでてきます。


そもそもつわりで何も食べられないといったことがでてきますし、食べたいものだけ、食べられるものだけ食べる食事では栄養に偏りがでてしまうのはいうまでもありません。


産後は体力の回復もありますし、授乳する場合は、栄養満点の母乳をつくるためにも栄養をしっかり摂取する必要があります。糖質を摂りすぎてタンパク質やビタミンやミネラルが不足している状態は肌にとってマイナスです。


育児疲れによるストレスや緊張が常にある

はじめての出産・子育てとなると初めて尽くしのわからないことだらけですからストレスや緊張がハンパではありません。相談できる人も協力してくれる人もいないとなるとなおさらです。


また、産後は妊娠中に増えていた女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減る際にうつ病になりやすいといったこともあるので、精神的に不安定だと肌も不安定になります。


赤ん坊の生活リズムにあわせることによる睡眠不足

眠ることで成長ホルモンが分泌されて肌の再生と修復が行われますからその時間が満足にとれない&不規則になってしまうということは肌にはきわめて大きなマイナス要素になります。


若さで乗り切りたいところですが、最近は出産年齢が上がっていることもあり、睡眠不足の影響がダイレクトに肌にでてしまって、肌トラブルにつながっているようです。


こうした理由も重なるため、妊娠中や産後の一定期間はどうしても肌にとってはストレスや負担がかかってしまって、肌荒れや肌が乾燥し、刺激に弱くなってしまいます。

極力シンプルに!手間をかけないのが妊娠中・産後のスキンケアのコツ

妊娠中・産後の肌荒れ対策については、あれこれするよりは時間が解決してくれるものというスタンスで割り切ったほうが気持ちも楽だと思います。そのため神経質になりすぎず一喜一憂しないようにすることが大切です。


毎日のスキンケアについては、つわりや疲れから体調がすぐれなかったり、赤ちゃんから目を離せなかったりでなかなか時間をしっかりとってできないと思いますが、それでも、やるとやらないとでは数年後の肌にてきめんに影響がでてきます。


妊娠中や産後にサボってしまったスキンケアを後になって後悔している人は意外に多いですから、肌のバリア機能をサポートするための保湿程度は最低限やっておきたいところ。ただ、妊娠中・産後は肌が敏感になっているので敏感肌用の低刺激処方の基礎化粧品を選ぶのが鉄則です。


妊娠中や産後しばらくは肌が刺激に弱いだけでなく、ホルモンバランスの影響で肌への摩擦でシミ・肝斑ができやすい状態でもあります。そのため、スキンケアは極力シンプルにしたほうがいいです。


洗顔後の肌のお手入れは保湿クリームだけにする

最小限の摩擦で最大限に保湿するためには化粧水や美容液のステップを省いて、保湿力の高いセラミド配合の保湿クリームを使って洗顔後は1ステップでケアを終わらせるというのがおすすめです。スキンケアにかかる時間も大幅に節約できます。


乾燥肌・敏感肌でも使えるオールインワンゲルでお手入れする

洗顔後のケアが1ステップで終わるものとしてはオールインワンゲルを使うのもありです。敏感肌用のオールインワンゲルもあるので、デリケートな妊娠中・産後の肌には重宝すると思います。


肌の状態が悪いからといって手間暇かけて肌のお手入れをすることは逆に妊娠中・産後の肌にとっては負担になるということを覚えておいてください。「やさしく、シンプルに」が妊娠中と産後のスキンケアの合言葉です。

特集!敏感肌用基礎化粧品で失敗しないために